地域中核企業創出・支援事業 中小企業診断士 中小企業経営・政策 平成30年 第21問

ピックアップ過去問解説

問題

次の文中の空欄AとBに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

「地域中核企業創出・支援事業」は、地域経済を牽引する地域中核企業へと成長できる企業を発掘するとともに、地域中核企業候補とパートナー企業や大学等との連携体制の構築や、グローバルな展開も視野に入れた地域中核企業の事業化戦略の立案や販路開拓、事業化のための研究開発の取り組みを支援するものである。この事業の対象は、新分野や新事業等に取り組む地域の中小・中堅企業を支援する団体等であり、この事業の支援内容には、 ( A ) と( B ) がある。

〔解答群〕

ア A:地域資源活用型支援  B:新事業創出型支援

イ A:地域資源活用型支援  B:ハンズオン型支援

ウ A:ネットワーク型支援  B:新事業創出型支援

エ A:ネットワーク型支援  B:ハンズオン型支援


解答・解説

解答:エ


 地域中核企業創出・支援事業に関する出題です。

 地域中核企業創出・支援事業は、地域の中小・中堅企業等の取組を支援する団体等を委託先とし、そこに所属するもしくは契約関係にある支援人材を通じて以下のような支援を行うものです。なお、支援希望企業に対し直接委託するものではありません。

地域中核企業候補の成長のための体制整備や、地域中核企業の更なる成長を実現するための事業化戦略の立案/販路開拓等の取組を支援する事業で、①( A )地域中核企業創出支援ネットワーク形成事業(地域中核企業候補が新分野・新事業等に挑戦する取り組みを支援し、その成長を促すため、支援人材を活用して、全国大の外部リソース (大学、協力企業、金融機関 等)とのネットワーク構築を支援するための事業)、②( B )プロジェクトハンズオン支援事業 (地域中核企業の更なる成長のため、支援人材を活用して、事業化 戦略の立案/販路開拓を支援するための事業)、が具体的な支援内容です。

 以上より、選択肢エが正解になります。


学習するには

中小企業経営・政策

 7-5 経営基盤の強化 - 地域中核企業創出・支援事業

基礎から着実に
学びたい方におすすめ!

中小企業診断士 1次2次合格コース

中小企業診断士 1次2次合格コース[2023年度試験対応]

一括 48,400円~
分割例 月々 4,100円 × 12回~

基礎から合格レベルまで着実に学べるストレート合格を目指す方に最適なコースです。重要なポイントを凝縮した「学習マップ」で知識を体系的に整理しながら効率よく学習することができます。詳細はこちら

すべてのコースを見る

中小企業診断士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

中小企業診断士講座 無料お試し

  • 「短期合格の戦略」無料セミナー配信!
  • 1次&2次試験対策講座を実際に体験
  • スマート問題集&セレクト過去問付!
  • 知識を体系的に整理し、定着させる
    「学習マップ」もまずは無料でお試し!
さらに
「中小企業診断士 加速合格法」
短期間で合格する為の方法を解説したPDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き