社会保険労務士のQ&A

日雇労働者の保険料(労災・雇用)について教えてください。 …

スタディング受講者
質問日:2024年4月20日
日雇労働者の保険料(労災・雇用)について教えてください。


[テキスト内、女性のコメントより]
[具体例]賃金日額…10,000円(建設業)の場合
 ・第2級印紙(146円)の納付
 ・事業主負担
一般保険料に対する事業主負担分(労災保険分全額+雇用保険分の事業主負担分)+印紙保険料の2分の1負担(146円×1/2=73円)
 ・日雇労働被保険者負担
一般保険料(雇用保険)に対する被保険者負担分(10,000円×6/1,000(令和4年10月1日~令和5年3月31日)=60円)+印紙保険料の2分の1負担(146円×1/2=73円)


と、あります。

①日雇労働者にとっては、印紙保険料が雇用保険料だと思っていたのですが、
一般保険料分(60円)+印紙保険料分(73円)と、なっているという事は、
日雇労働者は他の雇用形態よりも高い保険料を払う、という理解であっていますか?


②「労働保険徴収法3-労働保険料の額1 一般保険料」にある、
雇用保険率の表では、建設業の被保険者負担は1000分の7とありますが、
こちらの具体例では、「6/1,000」とあります。
 対象となる日(令和4年10月1日~令和5年3月31日)の違いによるものでしょうか?

③「労働保険徴収法3-労働保険料の額1 一般保険料」で
 一般保険料額の算出にあたり、
「賃金総額」は、「事業主がその事業に使用するすべての労働者に支払う賃金の総額」だと学習しましたが、日雇労働者を雇用する事業主は、一般保険料と印紙保険料との両方を支払うことになる、という理解であっていますか?(①と同じ考え方)
参考になった 1
閲覧 8

回答

疋田 講師
公式
回答日:2024年4月25日
回答を見たり、質問するには
対象のコースを購入する必要があります。