社会保険労務士のQ&A

加給年金額の「2以上の種別の被保険者であった期間を有する者の…

スタディング受講者
質問日:2024年2月15日
加給年金額の「2以上の種別の被保険者であった期間を有する者の特例」
について質問です。


加給年金額の加算の優先順位として、

1. 受給権を取得した時期が最も早い年金給付
2. 受給権を取得した時期が同じ場合には、被保険者期間が長い年金給付
3.時期及び被保険者期間が同じ場合には、第1号厚生年金被保険者期間→第2号厚生年金被保険者期間→第3号厚生年金被保険者期間→第4号厚生年金被保険者期間の順

とあります。

このうち、2と3については理解できるのですが、
1. 受給権を取得した時期が最も早い年金給付 について、
第1号の老齢厚生年金と第2号の老齢厚生年金の受給権取得時期が異なるのは
具体的にどのようなケースが考えられるのでしょうか?

第1号については老齢厚生年金の受給資格要件を満たしているのに
第2号については満たしていない状況というのが具体的にイメージできないため
理解しづらく感じております。

曖昧な質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。
参考になった 1
閲覧 5

回答

黒木 慎也 講師
公式
回答日:2024年2月17日
回答を見たり、質問するには
対象のコースを購入する必要があります。