社会保険労務士のQ&A

徴収法の「賃金」の定義について教えてください。 講義前半で早…

スタディング受講者
質問日:2023年11月29日
徴収法の「賃金」の定義について教えてください。
講義前半で早苗先生は「徴収法における賃金は、(退職手当や結婚祝金などの)臨時の手当も含まれる」と強調されています。
しかし、後半では「賃金の総額には臨時の手当は含まない。何故なら含んでしまうと保険料が上がり労働者に不利になるから」と説明されていました。
ここの前後の繋がりがよく理解できません。
これは、「賃金」の定義を聞かれたら臨時手当も含めるが、実際の保険料計算の段階では、賃金総額から臨時手当は除外する、と理解したらよいでしょうか?
また、休業手当は賃金に該当するが休業補償は賃金に該当しない、などは理屈がよく分からないのですが、個別に暗記するしかないのでしょうか。
参考になった 0
閲覧 12

回答

疋田 講師
公式
回答日:2023年11月30日
回答を見たり、質問するには
対象のコースを購入する必要があります。