社会保険労務士のQ&A

在職定時改定と総報酬月額相当額改定の違いがわかりません。 …

スタディング受講者
質問日:2023年5月25日
在職定時改定と総報酬月額相当額改定の違いがわかりません。

まず、
1-9-8【本来の老齢厚生年金1】で習う「在職定時改定」は、65~70歳の老齢厚生年金をもらいながら働く人を対象に毎年9月1日を基準日として年金額の改定を行うもの
1-9-9【本来の老齢厚生年金2】で習う高在老の「総報酬月額相当額改定」は、65歳以上の老齢厚生年金をもらいながら働く人を対象とし、特に決められた基準日はなく総報酬月額が変更になったタイミングで都度改定を行うもの
…という認識でそれぞれよいのでしょうか?

また、「在職定時改定」は9月1日が基準日で改定となった場合は翌月10月改定ですが、「総報酬月額相当額改定」は当月改定との記載があり、仮に9月に「総報酬月額相当額改定」が行われた場合は「在職定時改定」とは関係がなく当月9月からの年金額改定で合っていますでしょうか?

ご回答、よろしくお願いいたします。
参考になった 4
閲覧 57

回答

疋田 講師
公式
回答日:2023年5月31日
回答を見たり、質問するには
対象のコースを購入する必要があります。