社会保険労務士のQ&A

遺族厚生年金で短期要件と長期要件の両方に該当する場合は原則と…

スタディング受講者
質問日:2023年5月19日
遺族厚生年金で短期要件と長期要件の両方に該当する場合は原則として短期要件に該当するとテキストに記載があります。その理由の一つとして短期要件の場合被保険者期間の月数が300月みなしの計算になるとのことですが、長期要件の場合300月は絶対に超えると思うのですが、認識が間違っておりますでしょうか?遺族厚生年金の額の計算の場合も長期要件の場合の方が
平均標準報酬額)×(5.481/1,000~7.308/1,000)となり、短期要件の平均標準報酬額)×(5.481/1,000)の計算方法よりも額が高くなる可能性が高いように思われます。
参考になった 2
閲覧 75

回答

疋田 講師
公式
回答日:2023年5月24日
回答を見たり、質問するには
対象のコースを購入する必要があります。