社会保険労務士のQ&A

以下テキストです。 労働者の業績又は成果に応じて支給する基本…

スタディング受講者
質問日:2022年10月31日
以下テキストです。
労働者の業績又は成果に応じて支給する基本給
 「基本給であって、労働者の業績又は成果に応じて支給するもの」については、業績又は成果が同一ならば同一、相違があるならば相違に応じて支給しなければならない。なお、基本給とは別に、労働者の業績又は成果に応じた手当を支給する場合も同様である。
【問題とならない例】
 基本給の一部について、労働者の業績又は成果に応じて支給しているA社において、所定労働時間が通常の労働者の半分の短時間労働者であるXに対し、その販売実績が通常の労働者に設定されている販売目標の半分の数値に達した場合には、通常の労働者が販売目標を達成した場合の半分を支給している。
 A社においては、通常の労働者であるXは、短時間労働者であるYと同様の業務に従事しているが、Xは生産効率及び品質の目標値に対する責任を負っており、当該目標値を達成していない場合、待遇上の不利益を課されている。その一方で、Yは、生産効率及び品質の目標値に対する責任を負っておらず、当該目標値を達成していない場合にも、待遇上の不利益を課されていない。A社は、待遇上の不利益を課していることとの見合いに応じて、XにYに比べ基本給を高く支給している。
【問題となる例】
 基本給の一部について、労働者の業績又は成果に応じて支給しているA社において、通常の労働者が販売目標を達成した場合に行っている支給を、短時間労働者であるXについて通常の労働者と「同一」の販売目標を設定し、それを達成しない場合には行っていない。

【問題とならない例】の最後の部分の『XにYに比べ基本給を高く支給している』とありますが日本語的に理解が難しいです。『XはYに比べ基本給高く支給している』ではないでしょうか?
それと【問題となる例】で短時間労働者のXついて販売目標を達成してないのだから支給しないことはは問題とならないと思うのですが。
参考になった 3
閲覧 59

回答

疋田 講師
公式
回答日:2022年11月09日
回答を見たり、質問するには
対象のコースを購入する必要があります。