マンション管理士/管理業務主任者試験
短期間で合格するポイント

マンション管理士/管理業務主任者試験は幅広い知識が問われるため、ただやみくもに勉強するだけでは、学習時間が膨大になってしまい短期間での合格は望めません

しかし、適切な学習方法を行うことで、短期間でのマンション管理士/管理業務主任者試験合格も可能になります。


1.試験特徴と対策を知ろう!

マンション管理士/管理業務主任者のそれぞれの試験特徴と対策をしっかり把握しましょう。

マンション管理士

マンション管理士試験では幅広い知識が問われます。法律・運営・会計・設備の総合的な知識が求められるため、横断的に頭の中に知識をインプットしなければなりません。マンション管理士試験の問題頻出傾向を把握していきましょう。民法、区分所有法、マンション標準管理規約、マンション管理適正化法をしっかり勉強することで基礎点数を稼ぐことができます。また、プラスアルファとして設備や会計の知識で点数の上乗せを狙っていきましょう。

マンション管理士試験の対策ポイントは、まず出題傾向が圧倒的に多い区分所有法・標準管理規約を完璧することです区分所有法・標準管理規約を理解していないと合格への道はから遠ざかってしまいます。そして、その他の分野は過去問を活用することです。過去問を上手く活用していきながら、得点できる問題をきっちり攻略することが大切です。

管理業務主任者

マンション管理士と同じ法律・運営・会計・設備の知識が求められますが、あくまでも管理組合から受託する管理業務の内容についての問題が出題されるということを理解しておきましょう。特に管理業務主任者試験では、委託契約書の内容が細かく出題されます。その部分に関しては、マンション管理士試験と違う部分なので、覚えておくといいでしょう。また、管理業務主任者はマンション管理士のように総合的な知識を用いて問題を解くより、問題の出題範囲が明確に絞られているので、決められた範囲をしっかり勉強することで、確実に得点できます。

管理業務主任者試験の対策ポイントは、まずマンション管理適正化法・標準管理委託契約書・区分所有法・標準管理規約できっちりと得点することです。そして、過去問を活用して、問題出題の特徴をつかむことです。特に、会計関係の問題は過去問を活用することによって十分に得点できます。

マンション管理士/管理業務主任者試験の共通点

マンション管理士試験と管理業務主任者試験は別の試験ですが、どちらもマンション管理に関する資格であるため、出題範囲はほぼ重複しています。ですから、それぞれの過去問をマスターすることはどちらの試験でも役立つというメリットがあります。また、試験日が近いことから学習のピークを合わせやすいので、マンション管理士・管理業務主任者試験を同時に対策していく学習が有効になります。同時進行で勉強を進め、マンション管理士/管理業務主任者の資格をまとめて取得しましょう!


2.アウトプット学習を繰り返し行おう!

どの試験でもいえることですが、ただインプットだけを行っても、合格は近づいてきません。問題を解くことに慣れなければ、合格力を身につけていくことはできないのです。どのように出題されているかを知ることにより、その後の知識の吸収をアップしていくことができます。

「インプット学習→問題練習→問題復習→過去問練習→過去問復習→試験」

この段取りを意識してください。インプット作業は「ざっと一回」行い、問題・過去問練習をしながら段階的に実力アップしていきましょう。どれだけアウトプット学習を重要視をし、練習を繰り返すのかが短期合格の鍵といえます。


3.科目によってメリハリをつけよう!

全部を細かく勉強することはやめましょう。ここで大切なのは、科目によってメリハリをつけて学習することです。

特に、設備関係は頻出事項を集中的に学習すること、頻出傾向の多い区分所有法・標準管理規約・マンション管理適正化法は全範囲をしっかり学習することが大切になってきます。重要な科目は何なのかしっかり把握し、メリハリをつけて取り組むように心がけましょう。



4.出題の意図を把握できる、総合的な知識を身につけよう!

マンション管理士試験の勉強をしている方に最も多い悩みが、問題文が難解で、解答を導くことができないということです。どういうことを出題者は聞こうとしているのか、分からないまま問題を解いても解答にはたどり着けません。ではどうしたら解答へと導くことが出来るのでしょうか。

まず、出題の意図を把握できるようになることです。何のために作られた問題なのかということを、考えられるようにならなくてはなりません。そして、総合的な知識を身につけましょう。つまり、出題される知識の総枠をつかむようにするのです。テキストを読んで問題を解けば、科目ごとの論点が把握できるようになります。その論点から全ての問題は出題されているので、どんなに難しい問題が出ても、頭の中に論点の引き出しを作り、そこからその問題の意図を把握できるようになればいいのです。


5.やめないで学習を続けよう!

最も重要なのは始めた勉強をやめないことです。無理な計画は長続きしません。そのためには、日々の生活の中に無理なく学習を組み込むことです。特に、通勤時間などの「スキマ時間」をうまく活用することがポイントです。また、「解ける!」実感を積み重ねていきましょう。インプット学習後、すぐに問題練習を行い、「解ける!」実感を持つことが重要です。解ける問題が増えれば、勉強も楽しくなり続けることができます。この成果を積み重ねていくことで、必ず合格できるようになります。


このような、短期間で合格するポイントがあらかじめ全て組み込まれているのが「スタディング マンション管理士/管理業務主任者 講座」なのです。


合格できる人とできない人の違いとは?

今なら「合格するための5つのルール」無料公開中!

すは、
いますぐ無料でお試しできます。

短期合格セミナー

「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」

無料動画講座

初回版
「 管理法令C(区分所有法・マンション標準管理規約)管理法令C3-共用部分(1)」
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集付き!
さらに「マンション管理士 難問解法講座」初回付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる