「通勤講座」は10周年で「STUDYing(スタディング)」に生まれ変わりました!

ITパスポート試験の試験制度

まずは試験制度を知ろう。

ITパスポート試験の概要

受験申込

試験日程・試験会場

試験日程 ITパスポート試験は通年で実施されています。試験会場ごとに試験日時と受験定員が設定されており、空席があれば、希望の日時・会場で随時受験することができます。

毎日実施されているわけではありませんが、試験会場の多い都市部では、会場により実施日が異なるので、自分の都合に合う会場を選んで受験することも可能です。席は申込順なので、早めに予約するのが良いでしょう。
試験会場

全国各地の試験会場にて開催されています。※詳細な会場についてはこちらからご確認ください。

受験資格

・受験資格は特段設けられていません。ITパスポート試験の狙いは、社会人として情報技術の基礎知識の習得を目的としています。そのため、学生・社会人、理系・文系を問わずすべての社会人を対象としています。


出題・試験形式

出題形式 ストラテジ系(経営全般):35問程度
マネジメント系(IT管理):20問程度
テクノロジ系(IT技術):45問程度
(四肢択一式)
試験形式

CBT(Computer Based Testing)方式

全国の試験会場でCBT(Computer Based Testing)方式により随時実施しています。CBT方式とはコンピュータを利用して実施する試験方式のことで、一般の紙の筆記試験とは違い、コンピューターに表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを使って解答を入力していきます。

受験料

5,700円(税込み)※受領した受験手数料は、理由のいかんにかかわらず返還できません。春期、秋期に行われる情報処理技術者試験(筆記による方式)及び特別措置試験への充当もできません。

試験時間

試験時間 120分

合格基準

合格基準 総合評価点、分野別評価点のすべてが次の基準を満たすこと

総合評価点
600点以上/1,000点(総合評価の満点)

分野別評価点
ストラテジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
マネジメント系 300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
テクノロジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)

出題範囲

I.ストラテジ系
企業と法務
  • 企業活動
  • 法務

経営戦略

  • 経営戦略マネジメント
  • 技術戦略マネジメント
  • ビジネスインダストリ

システム戦略

  • システム戦略
  • システム企画
マネジメント系 開発技術
  • システム開発技術
  • ソフトウェア開発管理技術

プロジェクトマネジメント

  • プロジェクトマネジメント

サービスマネジメント

  • サービスマネジメント
  • システム監査
テクノロジ系 基礎理論
  • 基礎理論
  • アルゴリズムとプログラミング

コンピュータシステム

  • コンピュータ構成要素
  • システム構成要素
  • ソフトウェア
  • ハードウェア

技術要素

  • ヒューマンインタフェース
  • マルチメディア
  • データベース
  • ネットワーク
  • セキュリティ

試験の詳細は、ITパスポート試験ホームページをご参照ください。

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナ-「失敗例から学ぶ」配信中!


無料セミナー
短期合格セミナ-
「失敗しないITパスポート合格法5つのルール」

無料特典
「頻出キーワード集(無料版)」


無料動画講座
初回講座 体験版
①「基礎理論1 情報に関する理論」
②「企業と法務1 経営組織論」
③「開発技術1 システム開発技術」
ビデオ/音声講座、テキスト(暗記ツール)
スマート問題集、セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる