行政書士試験ピックアップ過去問解説
商法-商法(商人・商行為) 平成29年度第36問

問題

 商人および商行為に関する次の記述のうち、商法の規定に照らし、正しいものはどれか。


  1. 商人とは、自己の計算において商行為をすることを業とする者をいう。

  2. 店舗によって物品を販売することを業とする者は、商行為を行うことを業としない者であっても、商人とみなされる。

  3. 商人の行為は、その営業のためにするものとみなされ、全て商行為となる。

  4. 商法は一定の行為を掲げて商行為を明らかにしているが、これらの行為は全て営業としてするときに限り商行為となる。

  5. 商行為とは、商人が営業としてする行為または営業のためにする行為のいずれかに当たり、商人でない者の行為は、商行為となることはない。

解答・解説

解答:2

1 誤り。
誤り。「商人」とは、自己の名をもって商行為をすることを業とする者をいいます(商法4条1項)。「自己の計算において」とする本肢は誤りです。

2 正しい。
店舗その他これに類似する設備によって物品を販売することを業とする者又は鉱業を営む者は、商行為を行うことを業としない者であっても、これを商人とみなします(商法4条2項)。

■商人の定義
 商人には、「固有の商人」と「擬制商人」があります(商法4条)。
固有の商人
 自己の名をもって商行為をすることを業とする者をいう。→会社や個人商人
擬制商人
 店舗その他これに類似する設備によって物品を販売することを業とする者、又は鉱業を営む者であって、商行為を行うことを業としない者であっても、商人とみなされるもの。

3 誤り。
商人の行為は、その営業のためにするものと推定します附属的商行為。商法503条2項)。商人がその営業のためにする行為は、商行為とします(商法503条1項)。したがって、「営業のためにするものとみなされ、全て商行為となる」とする本肢は誤りとなります。

4 誤り。
営業としてするときに商行為とする営業的商行為(商法502条各号)の他に、絶対的商行もあります(商法501条各号)。したがって、「全て営業としてするときに限り商行為となる」とする本肢は誤りとなります。

5 誤り。
絶対的商行為については、商人でない者の行為であっても商行為となるため(商法501条各号)、「商人でない者の行為は、商行為となることはない」とする本肢は誤りとなります。


学習するには

基本講座-商法1 商法(1)

→ 上記の講座が含まれる「行政書士合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧

今すぐ無料でお試しできます

スタディングは今すぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナー失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」配信中!

行政書士 加速学習法 短期合格セミナー 竹原 健 スタディング
無料セミナー

「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」

無料特典冊子

「行政書士試験 加速学習法」

行政書士 合格 カリキュラム スタディング
無料動画講座

・基本講座 (1回)
・過去問解法講座 (1回)
・記述式解法講座(1回)
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題、セレクト過去問集、記述式対策問題集付き
・合格のための論点200(2回)

無料講座と無料セミナーを試してみる