金融資産運用‐投資指標
2020年9月学科第24問

ピックアップ過去問解説

問題

株式指標の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.PER(倍)は、「株価÷1株当たり当期純利益」の算式により計算され、この値が高い銘柄は割高と考えられる。

2.PBR(倍)は、「株価÷1株当たり純資産」の算式により計算され、この値が高い銘柄は割高と考えられる。

3.配当性向(%)は、「配当金総額÷当期純利益×100」の算式により計算され、この値が高いほど株主への利益還元率が高いと考えられる。

4.配当利回り(%)は、「配当金総額÷純資産×100」の算式により計算され、この値が高いほど投資価値が高いと考えられる。


解答・解説

解答:4

投資指標はよく出題されます。PBR、PBR、ROE、配当性向、配当利回りなどは算式を覚え確実に計算できるようにしておきましょう。覚えておけば得点に直結する項目です。

(選択肢 1) 適切

株価収益率=PER(倍)は、「株価÷1株当たり当期純利益」の算式により計算され、株価が1株当たりの利益の何倍になっているかを示す指標です。一般的には、株価収益率が高ければ株価は割高で、低ければ割安と判断することができます

(選択肢 2) 適切

株価純資産倍率=PBR(倍)は、「株価÷1株当たり純資産」の算式により計算され、株価が1株当たりの純資産の何倍になっているかを示す指標です。この値が高い銘柄は割高と考えられます。

 一般的には、株価純資産倍率は、1倍という数値が評価基準になります。1倍を下回った場合は、実際の資産よりも株式の評価が低い、つまり株価は割安ということになります。

(選択肢 3) 適切

配当性向(%)は、「配当金総額÷当期純利益×100」の算式により計算され、税引後利益のうち配当に振り向けた割合を示したものです。この値が高いほど株主への利益還元率が高いと考えられます。

日本の場合、利益額に関わらず配当額を一定にしている企業が多いため、業績が良い時には配当性向が低く、業績悪化の時には配当性向が高くなる傾向があります。

(選択肢 4) 不適切

配当利回りは「一株当たりの配当金÷株価×100」の算式で計算します。株価に対する配当金の割合を示したものです。


学習のポイント

自己資本利益率=ROEは「当期純利益÷自己資本×100」の算式で計算します。自己資本を利用してどれだけの利益を上げてきたかを示す指標です。

 自己資本利益率が高いということは、収益性が高く、投資対象としての価値も高いと言えます。


過去問分析と試験対策が無料でご覧いただけます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

無料動画講座
無料動画講座

【基本講座無料お試し】
動画/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問題集、実技試験対策講座、要点まとめシート(暗記ツール)付き!
【FPの魅力と着実に合格する4つのポイント】動画解説

無料特典冊子・問題
無料特典冊子・問題

【FP試験過去問分析‐詳細版(2級/3級)】
【実技試験の傾向と対策(日本FP協会・きんざい)】
【よく出る一問一答集60 FP2級・3級】

無料講座と無料セミナーを試してみる