「通勤講座」は10周年で「STUDYing(スタディング)」に生まれ変わりました!

金融資産運用-株式市場の各種指標
2018年5月学科第24問

ピックアップ過去問解説

問題

 株式市場の各種指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


  1. 東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部と市場第二部に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。
  2. 日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。
  3. 東証マザーズ指数は、東京証券取引所のマザーズとJASDAQに上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。
  4. JPX日経インデックス400は、東京証券取引所の市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQを主たる市場とする普通株式の中から、ROEや営業利益等の指標等により選定された400銘柄を対象として算出される。



解答・解説

解答:4

金融資産運用から、株式市場の各種指標に関する問題です。

株式市場の指標(相場指標)については、日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)の代表的な2つの指標からおさえましょう。

日経平均株価は、東証1部上場の225銘柄の株価を単純平均した指標です。一方、東証株価指数は、東証1部上場の全銘柄の時価総額を加重平均した指標です。対象銘柄や指標の計算方法の違いはよく問われるポイントです。

この2つの指標をおさえた上で、ほかに出題された指標については、主な特徴をつかんでおきましょう。


(選択肢1)不適切

東証株価指数(TOPIX)は、東証1部(東京証券取引所市場第一部)に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出されます。東証1部全銘柄の実際に流通している浮動株だけを対象とした時価総額加重型の株価指数です。東証2部(東京証券取引所市場第二部)の銘柄は対象外となります。

(選択肢2)不適切

日経平均株価は、東証1部上場企業のうち代表的な225銘柄を対象として算出されます。単純平均型の株価指標ですが、配当・株式分割などの権利落ちや増資の影響を修正しているため、指標の連続性は保たれています。指標の算出対象が東証1部の全銘柄ではなく、225銘柄に限定されていることや、株価の高い銘柄(値がさ株)の値動きに影響を受けやすいことが特徴に挙げられます。

(選択肢3)不適切

東証マザーズ指数は、東証マザーズ市場に上場している全銘柄を対象として算出される時価総額加重型の株価指数です。JASDAQ市場に上場している全銘柄を対象として算出される時価総額加重型の株価指数は、JASDAQ INDEX(ジャスダック指数)です。

(選択肢4)適切

JPX日経インデックス400は、東証1部だけでなく、東証2部、マザーズ、JASDAQといった新興市場も含めた東京証券取引所の上場銘柄のうち、ROE・営業利益・時価総額等により選定された400銘柄を対象とした時価総額加重型の株価指数です。


この問題は「適切」なものを選ぶ問題なので、選択肢4が正解となります。


学習するには

「3-4 株式投資」 株式市場

→ 上記の講座が含まれる「FP2級合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧はこちら

おすすめコース

FP2級合格コース [2019年5月~2020年1月試験対応版]

基礎から着実に学ぶため、学科試験・実技試験のストレート合格を目指すのに最適なコースです。本コースには、学科試験向けと実技試験向けの通勤講座が含まれています。



すべてのコースを見る

過去問分析と試験対策が無料でご覧いただけます

通勤講座は、いますぐ無料でお試しできます。

無料動画講座

【基本講座無料お試し】
動画/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問題集、実技試験対策講座、要点まとめシート(暗記ツール)付き!
【FPの魅力と着実に合格する4つのポイント】動画解説


無料特典冊子

【FP試験過去問分析‐詳細版(3級/2級)】
【実技試験の傾向と対策(日本FP協会・きんざい)】

無料講座と無料セミナーを試してみる