ライフプランニング‐教育ローンおよび奨学金
2018年5月学科第9問

ピックアップ過去問解説

問題

 教育ローンおよび奨学金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 日本政策金融公庫の「教育一般貸付(国の教育ローン)」の融資限度額は、学生・生徒1人につき、海外留学資金の場合を除き350万円である。
  2. 日本政策金融公庫の「教育一般貸付(国の教育ローン)」は、主に親が申込人となるもので、成人していても学生本人が申し込むことはできない。
  3. 日本学生支援機構の貸与型奨学金には、無利息で貸与を受けられる「第一種奨学金」と、利息付(在学中は無利息)貸与の「第二種奨学金」がある。
  4. 日本政策金融公庫の「教育一般貸付(国の教育ローン)」と日本学生支援機構の奨学金は、重複して利用することが可能である。

解答・解説

解答:2

ライフプランニングと資金計画から、教育ローンと奨学金に関する問題です。

2級FP試験(学科)では、教育資金が足りなかった場合のプランニングとして、教育ローンと奨学金が出題されています。

「教育一般貸付(国の教育ローン)」については、日本政策金融公庫が取り扱っています。「奨学金」については、代表的なものは日本学生支援機構が取り扱っています。 「教育一般貸付」と「奨学金」については、以下の概要をおさえておきましょう。

<教育一般貸付>

・利用者は、これから入学する生徒と在学生の保護者で利用にあたり年収要件があります。

・融資額は350万円以内(海外留学資金(一定の条件付き)の場合は最高450万円)

・返済期間は15年以内

・金利は固定金利

<奨学金>

第一種奨学金:特に優れた学生及び生徒で、経済的理由により著しく修学困難な者に無利息で貸与する制度です。

第二種奨学金:第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者に利息付で貸与する制度です。

・返済期間に関しては、第一種、第二種ともに、卒業後から最長20年となっています。


(選択肢1)適切

日本政策金融公庫の「教育一般貸付(国の教育ローン)」の融資限度額は、原則として、学生・生徒1人当たり350万円とされています。なお、海外留学資金の場合の融資限度額は、学生・生徒1人当たり450万円となります。

(選択肢2)不適切

「教育一般貸付」の申込人は、原則として、学生・生徒の保護者です。ただし、成人している学生で、勤務収入などの安定収入があり、独立して生計を営むものは、申込ができる場合もあります。

(選択肢3)適切

日本学生支援機構の貸与型奨学金には、「第一種奨学金」と「第二種奨学金」があります。「第一種奨学金」は無利息で貸与を受けられますが、「第二種奨学金」は利息付(在学中は無利息)貸与となります。

(選択肢4)適切

日本政策金融公庫の「教育一般貸付」と日本学生支援機構の奨学金は、重複して利用することができます。ただし、教育一般貸付と貸与型奨学金については、いずれも教育ローンに該当するため、借り過ぎに注意する必要があります。


この問題は「不適切」なものを選ぶ問題なので、選択肢2が正解となります。

※正解と解説は、試験実施日の基準で記述しています。その後の法令改正等には対応していませんのでご注意ください。


学習するには

1-8 ライフプラン策定上の資金計画」 教育資金プランニング

→ 上記の講座が含まれる「FP2級合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧はこちら

おすすめコース

FP2級合格コース [2019年5月~2020年1月試験対応版](次年度更新権付)

基礎から着実に学ぶため、学科試験・実技試験のストレート合格を目指すのに最適なコースです。本コースには、学科試験向けと実技試験向けの講座が含まれています。2019年度版ですぐに学習を開始でき、2020年からは次年度版を引き続きご受講いただけるコースです。 【2級模擬試験付】


すべてのコースを見る


過去問分析と試験対策が無料でご覧いただけます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

無料動画講座
無料動画講座

【基本講座無料お試し】
動画/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問題集、実技試験対策講座、要点まとめシート(暗記ツール)付き!
【FPの魅力と着実に合格する4つのポイント】動画解説

無料特典冊子・問題
無料特典冊子・問題

【FP試験過去問分析‐詳細版(2級/3級)】
【実技試験の傾向と対策(日本FP協会・きんざい)】
【よく出る一問一答集60 FP2級・3級】

無料講座と無料セミナーを試してみる