ライフプランニングと資金計画-公的介護保険
2015年9月学科第3問

ピックアップ過去問解説

問題

 介護保険法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 要介護認定を受けた被保険者の居宅サービス計画(ケアプラン)は、一般に介護支援専門員(ケアマネージャー)に作成を依頼するが、被保険者本人が作成することもできる。
  2. 要介護認定を受けた被保険者が居宅で生活するために必要な段差解消の住宅改修を行った場合は、その全額が居宅介護住宅改修費として支給される。
  3. 介護老人保健施設は、入浴や食事などの日常生活上の支援や療養上の世話などを提供する施設であり、要介護者と認定された者が終生入所することができる。
  4. 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、リハビリテーションを中心とした医療サービスを提供する施設であり、要支援者と認定された者がその施設サービスを受けることができる。


解答・解説

解答:1

社会保険から、公的介護保険に関する問題です。

この問題は、基本学習であまり出てこない内容が問われていますので、少し難しい問題です。ただし、これを機会に解説を読んで理解すれば大丈夫です。

介護保険は医療保険と違い、要件(年齢)や認定基準(介護が必要な状態のレベル)などで保険料の負担や受けられる給付に違いがあります。

介護保険の給付を受けるには、市区町村から認定される必要があります。この認定には基準があり、これを「介護認定基準」と呼びます。介護認定基準には「要支援」と「要介護」の2種類があり、「要支援」は2段階、「要介護」には5段階の区分があり、合計7段階に区分されています。さらに、給付内容としての介護サービスにも2種類あります。 「在宅サービス」と「施設サービス」です。要支援の場合は、在宅サービスは利用できますが、施設に入所して受けるサービスは利用はできません。要介護に認定された場合は、在宅・施設の両サービスの利用が可能です。

ここまでを押さえた上で、順番に選択肢を見ていきましょう。


1)適切

 ケアプランとは介護の計画書のことで、利用するサービスの種類や頻度などを、被保険者に合わせて作成します。
 一般的にはケアマネージャーに作成を依頼しますが、自分で作成することも可能です。ただし、その場合は、作成の方法や利用できるサービスの情報などを自分で収集しなければなりません。インターネット上ではセルフケアプラン作成の支援サイトもあります。

2)不適切

 住宅に手すりの取付けなどを行う場合、工事前に申請することにより住宅改修費が介護保険から支給されますが、支給額は最大で費用の9割までです。
 さらに、居宅介護住宅改修費及び介護予防住宅改修費の支給については、限度額(20万円)が設けられています。

3)不適切

 「介護老人保健施設」の利用対象者は、病状安定期にあり、入院治療をする必要はないが、リハビリテーションや看護・介護を必要とする要介護者です。
 したがって「終生入所することができる。」とした記述は不適切です。

 一方、常時介護が必要で在宅生活が困難な要介護者が入所する施設には、「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」があります。こちらは、常時介護が必要で在宅生活が困難な要介護者が利用でき、医療は全て医療保険の給付となります。

4)不適切

 設問3の解説の通り、「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、常時介護が必要な「要介護者」が対象なので、「要支援者」は利用できません。


この問題は「適切」なものを選ぶ問題なので、選択肢1が正解となります。

学習するには 「1‐3 社会保険(公的医療保険)」 介護保険

→ 上記の講座が含まれる「FP2級合格コース」はこちらから


ピックアップ過去問一覧はこちら

おすすめコース

FP2級合格コース [2019年5月~2020年1月試験対応版](次年度更新権付)

基礎から着実に学ぶため、学科試験・実技試験のストレート合格を目指すのに最適なコースです。本コースには、学科試験向けと実技試験向けの講座が含まれています。2019年度版ですぐに学習を開始でき、2020年からは次年度版を引き続きご受講いただけるコースです。 【2級模擬試験付】


すべてのコースを見る


過去問分析と試験対策が無料でご覧いただけます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

無料動画講座
無料動画講座

【基本講座無料お試し】
動画/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問題集、実技試験対策講座、要点まとめシート(暗記ツール)付き!
【FPの魅力と着実に合格する4つのポイント】動画解説

無料特典冊子・問題
無料特典冊子・問題

【FP試験過去問分析‐詳細版(2級/3級)】
【実技試験の傾向と対策(日本FP協会・きんざい)】
【よく出る一問一答集60 FP2級・3級】

無料講座と無料セミナーを試してみる