技術士の試験制度

まずは試験制度を知ろう。

技術士試験の概要

技術士試験は技術士法に基づき、公益社団法人日本技術士会が実施する技術士または技術士補になるための国家試験です。第一次試験と第二次試験があります。

第一次試験は技術士補試験を兼ねており、合格すると技術士補登録をする資格が得られます。受験資格はなく、誰もが受験できます。

第二次試験を受験するには、技術士一次試験合格もしくは大学や高専などの教育機関の日本技術者教育認定機構 (JABEE) が認定した教育課程を修了し、かつ実務経験が必要となります。第二次試験に合格すると、技術士登録をする資格が得られます。


技術士試験の仕組み


 1. 技術士補として登録後、指導技術士の下での4年以上の実務経験

 2. 修習技術者となってから、監督者の下で4年以上の実務経験

 3. 7年以上の実務経験(修習技術者となる前の経験も含む)

※実務経験とは科学技術に関する専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導の業務のことを指します。

※総合技術監理部門は上記にさらに3年の期間が必要となります。
※理工系の大学院を修了している場合等は上記より最大2年の業務期間を減じることができます。

    ↓

 第二次試験に合格・登録

    ↓

 技術士


技術士試験のスケジュール

第一次試験 第二次試験
出願 6月上旬~7月上旬 4月上旬~4月下旬
筆記試験 10月上旬 7月中旬
口頭試験(筆記合格者のみ 11月下旬~翌1月下旬
合格発表 12月中旬 筆記試験:10月下旬 口頭試験:翌3月上旬


【第一次試験のながれ】

受験手続・出願

受験申込書等は6月上旬~7月上旬に日本技術士会ホームページからダウンロードすることができます。冊子版の「受験申込み案内セット」を希望する場合は同じくホームページから請求できます。

受験資格 年齢、性別、学歴、業務経歴などに関係なく誰でも受験することが可能
出願期間 例年6月下旬~7月上旬
受験料 14,000円
出願先 公益社団法人 日本技術士会技術士試験センター宛てに書留郵便で送付
問い合わせ先 公益社団法人 日本技術士会技術士試験センター

試験方法

第一次試験は、一日で行われます。

総合技術監理部門を除く20の技術部門ごとに実施されます。(平成29年現在)
出題形式は全科目択一式です。
問題の種類、解答時間、配点、合格決定基準は以下になります。


試験地

北海道、宮城県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

※受験生があらかじめ選択する試験地において行われます。


【第二次試験のながれ】

受験手続・出願

受験申込書等は4月上旬~4月下旬に日本技術士会ホームページからダウンロードすることができます。冊子版の「受験申込み案内セット」を希望する場合は同じくホームページから請求できます。

受験資格 技術士補となる資格(技術士第一次試験の合格者あるいはそれと同等と認められる者)を有している、かつ受験申込を行う時点で実務経験について一定の基準を満たしていることが必要

※技術士補となる資格を有する技術部門に限らず、他の技術部門も受験することが可能
出願期間 例年4月上旬~4月下旬
受験料 14,000円(1技術部門につき)
出願先 公益社団法人 日本技術士会技術士試験センター宛てに書留郵便で送付
問い合わせ先 公益社団法人 日本技術士会技術士試験センター

試験方法

第二次試験は、筆記試験及び口頭試験により行われ、口頭試験は、筆記試験に合格した者についてのみの実施となります。
※平成31年度より第二次試験の技術部門(総合技術管理部門を除く)の試験方法改正が行われます。

問題の種類、解答時間、配点は以下になります。

1.筆記試験

《総合技術監理部門を除く技術部門》※平成31年度より試験方法改正有。

試験科目 改正前(~平成 30 年度) 改正後(平成 31 年度~)
問題の種類 試験方法 試験時間 配点 問題の種類 試験方法 試験時間 配点
必須科目 「技術部門」全般に
わたる専門知識
択一式
20 問出題
15 問解答
1 時間
30 分
30 点 「技術部門」全般にわたる
専門知識、応用能力、問題解決能力及び課題遂行能力
記述式
600字詰用紙
3 枚以内
2 時間 40 点
選択科目※ 「選択科目」に関する専門知識及び応用能力 記述式
600字詰用紙
4 枚以内
2 時間 80 点
(40 点)
「選択科目」に関する
専門知識及び応用能力
記述式
600字詰用紙
3 枚以内
3 時間
30 分
60 点
(30 点)
「選択科目」に関する
課題解決能力
記述式
600字詰用紙
3 枚以内
2 時間 (40 点) 「選択科目」に関する
問題解決能力及び
課題遂行能力
記述式
600字詰用紙
3 枚以内
(30 点)

※これまでの20部門96科目の選択科目が、平成31年度より20部門69科目に統合されます。詳細な科目統合につきましては、こちらよりご確認ください。


《総合技術監理部門》※平成31年度改正による変更はありません。

試験地

北海道、宮城県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

※受験生があらかじめ選択する試験地において行われます。


2.口頭試験

《総合技術監理部門を除く技術部門》


《総合技術監理部門》


試験地

東京都のみ

いますぐ無料でお試しできます

通勤講座は、いますぐ無料でお試しできます。
無料セミナー「失敗例から学ぶ記述式試験突破の3つのルール」配信中!

無料動画講座
無料動画講座

基本講座 初回版
「技術士二次試験とは」「二次試験必勝合格法」
「覚えた方が良い事例」「技術士試験に必要な倫理問題を考える」
ビデオ/音声講座、テキスト/講義メモ、添削問題、質問カードサンプルつき

無料セミナー
無料セミナー

「失敗例から学ぶ記述式試験突破の3つのルール」
無料セミナー特典として「技術士二次試験必勝勉強法」が見れます!

無料講座と無料セミナーを試してみる