2.画期的な勉強法で解き方を身につける

簿記検定の受験生は、企業の経理職や会計事務所の職員、学生の方などが多く、学習時間の捻出に頭を悩ませています。そこで、スタディング 簿記講座では、皆さんの大切な時間を有効活用していただくために、画期的な勉強法をご提供しています。

エピソード記憶

学生の頃の「試験勉強」のイメージというと、一夜漬けなどの「丸暗記」を思いうかべる方もいるかもしれません。しかし、歳を経るごとに、こういった丸暗記の能力は下がってきます。
では「年齢が上がると、記憶力が下がる」のかというと、必ずしもそうではありません。実は、記憶力には「丸暗記」だけでなく、別の能力もあります。心理学では「エピソード記憶」と呼ばれている記憶です。

記憶するイメージ画像

「エピソード記憶」は、個人が経験した出来事に関する記憶のことで、内容や仕組みをイメージしたり、出来事やストーリーとして覚える能力です。こういった能力は、若い頃よりもむしろある程度歳を取った方が発達してきます。
また、記憶というと、一般的に法律などの「言葉」や年号などの「数字」を覚えるものという印象が強いかもしれませんが、書いてある言葉や数字を覚えるのは意外と難しいものです。それよりも、図や動画などの「視覚的感覚」、話し言葉などの「聴覚的感覚」、練習を繰り返すなどの「身体的感覚」を組み合わせ、できるだけ五感を使って覚える方が忘れにくくなります。


スタディング 簿記講座では

スタディング 簿記講座では、「エピソード記憶」や「五感を使った記憶」をフルに活用します。
ビデオ・音声講座では、文章にすると複雑な条文や制度を、わかりやすい視覚的イメージに置き換えて、音声により聴覚的に説明します。視覚と聴覚の両方の刺激によって、「エピソード記憶」が促され、単にテキストを読むよりも忘れにくくなります。
例えば、簿記には5つの要素がありますが、単にテキストを読んで覚えるよりも、ビデオ・音声講座で講師の説明を見聞きすれば、「資産、負債、純資産(資本)、費用、収益…だと先生は言っていたな」ということが自らの体験として思い出せるのです。

エピソード記憶


その次に、スマート問題集などの問題演習をすぐに行うことにより、「身体的感覚」も使って、記憶をより定着させます。
また、実戦力UPテストでは、簿記検定本番を分析し、中間レベルの重要問題を厳選しているため、この問題を演習することで、基礎レベルから本番レベルへ無理なく実力を上げることができます。

中心の「新しい知識」から各項目に矢印が伸びている。「具体例」「体系化・整理」「既存の知識」「身体的感覚(問題練習)」「聴覚的感覚(音声解説)」「視覚的感覚(ビデオ・図)」

上記の各種教材を使用することで、新しい知識が、脳の中で他の知識と結びついて記憶されます。「エピソード記憶」や「五感を使った記憶」をフル活用し、知識の間のつながりを多くすることで、試験本番で記憶が思い出せる可能性が高まるのです。

本メソッドを実現するスタディング 簿記講座の特長・機能

  1. 視覚・聴覚を活用したビデオ・音声講座
    文章だけでは複雑な条文や制度を、ビデオ・音声講座では、わかりやすい「視覚的」イメージに置き換えて、音声により「聴覚的」に説明します。さらに、WEBテキストでは、具体例や図解を多く使用しているため、体系的に知識を整理することができます。
    視覚・聴覚をフル活用したビデオ・音声講座
  2. スマート問題集
    基本講座の受講後、問題演習をすぐに行うことにより、「身体的感覚」も使って、記憶をより定着させます。 スマート問題集は、スマートフォンやPC、タブレットでサクサクと解くことができます。インプット直後にアウトプットを繰り返すことが記憶を定着させるのです。
    スマート問題集
  3. 実戦力UPテスト
    受講生の皆さんの声をもとに開発した問題演習用の教材です。過去の簿記検定を分析し、中間レベルの重要問題を厳選しています。基本問題・スマート問題集よりレベルの高い問題を解き、解説を読んで解き方を身につけることで、自ら問題を解く力を養成することができます。
    実戦力UPテスト

次のメソッド

3.簿記検定本番から逆算して勉強する

簿記試験の短期合格を目指す方必見!短期合格に必要な3つの勉強法 無料公開中!

試験の概要や試験に出る各論点の攻略法をわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    「短期合格するための勉強法」
  • 通勤講座の無料体験版
    スタディング 簿記講座の無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、スマート問題集付き
    【無料特典】よく出る仕訳一問一答集60(2級・3級)
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す