【中小企業診断士】資格試験勉強の独学合格を実現するおすすめ勉強法

はじめに

中小企業診断士の受験にあたって、独学の難しさに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?1次試験7科目に加えて、論述式の2次試験にも合格する必要があるため、学習範囲が多く独学では合格が難しいのが実際のところです。

しかし勉強法を工夫すれば、独学でも十分に中小企業診断士に合格できます。今回は、完全独学で中小企業診断士の資格を取得した経験から、独学での合格に効果的な勉強法をご紹介します。

過去問に頻出の論点に絞って勉強する-過去問を徹底分析して作られたテキスト・問題集の活用がおすすめ

独学で中小企業診断士の試験に合格する上でもっとも重要なのは、過去問の頻出論点に絞った学習です。

中小企業診断士に合格するには、1次試験7科目、2次試験4科目の合計11科目で合格点を取らなくてはいけません。また、各科目の出題範囲は非常に幅広く、すべてを完璧に覚えようとするといくら時間があっても足りません。

たしかに理論上は、出題範囲のすべてを完璧に覚えれば、すべての科目で8割以上の高得点を取れるでしょう。しかし社会人の方は勉強時間が限られているので、マイナーな論点まですべて抑えるのはほぼ不可能です。むしろ独学の場合、出題範囲がどこからどこまでかを正確に判断するのが難しいため、無関係の論点を勉強してしまい、結果的に不合格となるリスクがあります。

そもそも中小企業診断士試験は、全体で6割以上の点数を取れれば合格です。そのため、出題される可能性が高い論点のみに絞った勉強法を実践すれば十分合格できるわけです。

出題される可能性が高い論点とは、「過去問での出題回数が多い分野」のことです。何回も出題されているということは、それだけ中小企業診断士の試験では重視されている論点と考えられるからです。

過去問に頻出の論点を集中的に勉強するには、過去問を徹底分析した上で作られたテキストや問題集を使って学習を進めるのがおすすめです。出題される可能性が高い論点に絞られたテキストや問題集を使えば、独学の方でも予備校通いの受験生と遜色ないレベルで、質の高い学習を行えるでしょう。

重要な科目に勉強時間を費やす- 2次試験との関連性が高い3科目を重視しよう

独学での中小企業診断士合格を目指す上で、オススメする2つ目の勉強法は「重要科目に勉強時間を費やすこと」です。一次試験には7科目ありますが、難易度や覚える内容の量、2次試験との関連性はそれぞれ全く異なります。

たとえば「企業経営理論」、「財務会計」、「運営管理」の3科目は、2次試験の出題範囲とも直結する上に、覚える量が多く難易度も低くありません。したがって、この3科目に関しては極力多くの勉強時間を割いて、重点的に勉強する必要があります。

一方で、「中小企業経営・政策」という科目は、2次試験とはほとんど関係ない上に、出題範囲も狭く出題される問題の難易度も低いです。したがって、あまり勉強に時間をかけないのが好ましいでしょう。

また、「経営法務」や「経営情報システム」は、テキストや予備校のカリキュラムでは学ばないようなマイナー論点が多く出題され、平均点が大きく下がった年度が何回かありました。費やした労力が無駄になるリスクが高い上に2次試験とは関連性がないため、あまり深追いし過ぎないようにすべきです。

テキストと問題集を1セットで学習 – 同じ日にテキストと問題集の学習を行おう

独学で効率的に中小企業診断士に合格するには、「知識の習得」と「問題演習」をバランス良くこなすことが大切です。

知識の習得ばかり行うと、問題を解くコツや感覚が身につかないため、単語の意味を問うような基本的な問題以外では点数を稼ぎにくいです。一方で問題演習ばかり行うと、問題を解くのに必要な知識がないので、「たくさん勉強したのに、まったく問題を解けない」という事態になりかねません。

このような事態を避けるには、テキストを使った知識の習得と、問題集を使った問題演習をバランスよく行う勉強法が効果的です。ここで重要なのが「それぞれを1つのセットとして行うこと」です。

具体的には、「1つの論点について同じタイミングでテキストと問題集を使って勉強する」ということを意味します。 知識の習得と問題演習に時間が空くと、ほとんど記憶が抜け落ちてしまっていて勉強の効果が半減してしまいます。逆に知識を習得してすぐに問題を解くことで、その論点に関する理解度が深まる上に、本番の試験にも通用する実践的な力が身につくでしょう。

スキマ時間を使って毎日勉強を続ける – スマホで勉強できる動画学習サービスがおすすめ

独学での中小企業診断士受験にとって、合格を妨げる要因の1つが「勉強時間の確保」です。

予備校を利用している方の場合、決められた時間に、決められたことを勉強すれば良いので、勉強時間の確保に悩むことはあまりないでしょう。一方で独学の場合、どうしても日々の仕事に追われてしまい、中小企業診断士の資格学習が疎かになりがちです。

「平日は忙しいから、土日にまとめて勉強すれば良いのでは?」と思う方もいるでしょう。

しかし、エビングハウスという心理学者の研究により、知識を習得してから時間が経つほど、もう一度習得するまでにかかる時間が長くなるという事実が判明しています。したがって、「土日に学習した内容を次の週に復習する」といった勉強法だと、効率的でない上に知識が定着しにくいため、独学での合格が難しくなってしまいます。

効率的かつ着実に知識を習得するには、なるべく毎日勉強をすることが重要です。毎日勉強する習慣を作れば、「1日目に新しい知識を習得し、2日目に復習」といったサイクルを作れるので、土日にまとめて勉強するよりも効率的です。

日々の仕事が忙しい方でも、通勤通学や就寝前などのスキマ時間を活用すれば、前日の復習や新しい単語の意味を1〜2つ覚えることくらいはできるはずです。こうした小さな積み重ねをするかしないかで、中小企業診断士に独学で合格する可能性はグッと高まるでしょう。

参考:[1]1.短期間で集中的に繰り返すと記憶に定着する スタディング

自分に適した勉強法を確立する – 勉強法の確立が難しければスタディングの活用がおすすめ

ここまでお伝えした4つの勉強法は非常に効果的なものですが、かならずしも独学者全員に適しているとは限りません。

たとえば簿記1級を持っている独学者の場合、財務会計で合格点を取得するための知識は十分に身についているため、他の科目に注力した方が合格に近づく可能性が高いです。

また、暗記の方法を例にとっても同様であり、ひたすらノートにテキストの内容をまとめるのが一番暗記できるかたもいれば、声に出して読む方が暗記しやすい方もいるでしょう。

大切なのは、独学で中小企業診断士に合格した人を参考にしつつ、アレンジを加えることで自分にとって最適な勉強法を確立することです。人それぞれ能力や経歴、長所・短所はまったく異なります。独学で合格した人たちの勉強法を鵜呑みにするのではなく、「自分にとって一番効率が良い勉強法はなんだろう?」と考えなくてはいけません。

そもそも独学で中小企業診断士に合格するには、「自分で考え、行動する力」が求められます。その力を養うためにも、今回お伝えした勉強法を基に、ご自身にとってベストな勉強法を考えてみてください。

ただし、初めて中小企業診断士の資格学習を行う方は、自分に合う学習法を思うように確立できない場合も少なくありません。自分にあった学習法を確立するのが難しいと感じた場合は、スタディングが無料(要無料登録)で公開している「合格戦略講座」を見ると良いでしょう。

合格戦略講座は、下記のURLから申し込むことができます。 URL:https://studying.jp/shindanshi/trial.html

まとめ

独学で中小企業診断士に合格する上で、効果的な勉強法をまとめると下記の5つです。

  • 過去問に頻出の論点に絞って勉強する
  • 重要な科目に勉強時間を費やす
  • テキストと問題集を1セットで学習
  • スキマ時間を使って毎日勉強を続ける
  • 自分に適した勉強法を確立する (確立が難しければスタディングの講座を活用する)

見てもらうと分かる通り、独学での合格には「効率性」と「継続性」が重要であることが分かります。効率的な勉強を継続できれば、難関と言われる中小企業診断士の試験にも十分合格可能です。

効率的かつ継続的に勉強を続けたい方には、市販のテキストや問題集を使うよりは、スタディングを利用するのがオススメです。動画で学習するスタイルなので、スキマ時間を使って毎日勉強を続けることが可能です。また、過去問に頻出の分野に絞った学習もできるでしょう。