基本情報技術者試験の
短期合格を目指す!

スキマ時間で短期合格!

スマホ・PC・タブレットで

33,500円(月々3,261円〜)

基本情報技術者試験合格で5,000円分のギフト券!

スタディング 基本情報技術者試験
CM
放送中

基本情報技術者とは

No Image

基本情報技術者試験とは

基本情報技術者試験は、システムエンジニア、プログラマーなど、IT関連の業種に従事している方、または、これから、IT業界で働きたいと考えている方を対象とした試験になります。
ITエンジニアが共通して理解しておくべき基本的な知識を体系的に学習することができる資格であり、キャリアの可能性を大きく広げてくれるものです。

基本情報技術者試験の特徴

●試験は春期(4月)秋期(10月)の年2回実施される。
●午前と午後にそれぞれ試験が行われ、出題形式・出題数も異なる。
【午前試験】出題形式:四肢択一、出題数:全80問
【午後試験】出題形式:多肢択一、出題数:全13問出題され、内7問を解答する
●試験の合格率は平均25%である。

No Image
No Image

基本情報技術者試験のメリット

IT技術者としての基本が身につく!

⇒情報処理分野のみならず、ビジネスパーソンとして必要な知識を体系的に身につけることができます。
IT系の業種への就職が有利に!
⇒就職・転職時のアピールに繋がります!

昇格手当・資格手当などの収入アップ!
⇒企業によっては、昇格・資格手当等の収入アップにつながることがあります!

こんなお悩みありませんか?

短期間で合格したい。
学習時間がなかなか確保できない。
午前試験と午後試験でどのような対策をたてればよいかわからない。
不得意分野の勉強方法がわからない。

スタディングなら
無理なく合格できます!

スタディング
基本情報技術者講座とは

「スタディング 基本情報技術者講座」は、短期間で合格を目指すために出題傾向を徹底分析し、合格に必要な知識を集約した画期的なオンライン講座です。忙しくて、学習時間が取れない方でも、ポイントを絞った分かりやすい動画講座ですぐに理解できます。また、試験対策に重要な問題練習も簡単に行なうことができます。スマ―トフォンやPC、タブレットを使い、休憩時間や外出中などのスキマ時間で学習できます。

スタディングで、基本情報技術者試験に合格しましょう。

スタディング 基本情報技術者試験

まずは無料でお試しください

人気セミナー
短期合格必勝法
スタディング 基本情報技術者講座
初回版
①「経営組織論」
②「開発プロセス・手法」
③「離散数学1」
④「午後試験解説講座・
情報セキュリティ」

ビデオ・音声講座、テキスト、
スマート問題集、セレクト過去問など
今すぐスタディングを無料で試してみる
※無料講座の内容は予告なく変更される場合があります。
あらかじめご了承ください。
スタディングが選ばれる理由

短期間合格カリキュラム

短期合格するためには、早く基本的な内容をインプットし、その後に問題を使ってアウトプット練習を十分にすることが重要です。基本講座」では、ビデオ・音声講座を活用し、基礎知識を身に着けていきます。基本講座を学んだ後すぐに「スマート問題集」を解くことで、基本講座の理解を深め、記憶を定着することができます。

基本情報技術者試験 合格までの流れ

テレビ番組のような分かりやすい動画講座

最初のインプット学習は、分かりやすい動画/音声講座を利用するのが最適です。スタディングでは、「試験によく出る」「書籍では分かりにくい」ところを重点的に講義に収めています。「情報処理」に対する知識がない方でも、分かりやすいビデオ講座で、アルゴリズムやプログラミングなどのテクノロジ系の知識だけでなく、経営・マネジメント分野などの試験に必要なビジネス系の知識を身に着けることができます。また、講座内では各科目の試験類似問題も解ていきますので、更に解理度を深めることができます。ビデオ/音声講座は、通常速版だけでなく1.5倍速、2倍速版があります。最初は通常速版で学習し、慣れてきたら倍速で繰り返し学ぶことで短時間で復習が可能です。

動画講座の内容は、WEBテキストでも確認できます。講義内容を網羅し、覚えてほしいポイントや補足説明が付いているので、いわゆる板書は必要ありません。もちろんスマートフォンやタブレットでいつでも確認できるうえに、必要な箇所だけ印刷して書き込むことも可能です。また、マイノート機能で必要な箇所だけコピーして整理できるので、自分の勉強スタイルに合った使い方ができます。

反復学習に最適な問題集

スマート問題集は、基本講座で学んだ内容を直ぐに確認するためのオンライン問題集です。通勤時間などのスキマ時間に簡単に解けるので、反復学習に最適です。

スマート問題集は、基本講座の1講座が終わるたびに、そのテーマに合わせて出題されます。問題を解いた後にわかりやすい解説を読むことで、効率よく知識を吸収できるように作られています。

インプットアウトプットで効率のよい学習を

試験に短期間で合格するための最大のコツは「問題練習をしながら実力をつけること」です。スタディングでは、ビデオ/音声講座でインプットした後、最適な順番でアウトプット学習できるよう「学習フロー機能」が組まれており「今日は何を勉強したらいいのか」という悩みで時間を無駄にすることはありません。

Input Output
スタディングが選ばれる理由

午前試験・午後試験ごとに最適化されたカリキュラム

基本情報技術者試験は午前試験と午後試験に分かれており、情報処理技術に関する問題だけでなく、IT技術者が実務を行う上で必要になる「法規、経営学、企業会計」なども出題されるため、書籍を読むだけでは理解しづらいことが多々あります。

スタディングの動画講義とWEBテキストでは、図表やイラストを用いてわかりやすく解説していますので、理解しやすく短期間で学習を進められます。

また、試験に合格するには、問題練習がとても重要です。特に基本情報技術者試験の午後試験は、長文読解問題の試験ですので、問題文をしっかり見極めて「ひっかけ」にかからないよう繰り返し問題練習を行い、試験に慣れておくことが合格への近道です。

スタディングでは、試験の合格レベルに効率的に到達するように、一問一答の「スマート問題集」と、過去の試験での頻出テーマを厳選した「セレクト過去問題集」を準備しています。この両方の問題練習で着実に記憶に定着する十分なアウトプット学習が行えます。

わかりやすいインプット講座と厳選問題による合格に必要なアウトプットの反復学習により、どなたでも短期間で成果を期待できるカリキュラムになっています。

スマート問題集
学習フロー画面
スマート問題集は、基本講座で学んだ内容を確実に覚えるためのオンライン問題集です。
通勤時間などのスキマ時間で問題演習を行いながら、重要なポイントを確実に覚えることができます。

セレクト過去問集
セレクト過去問集
基本情報技術者試験で過去に出題された問題からよく出るテーマを厳選して、本試験の形式で作成した模擬試験です。本試験の形式で出題をしているため、実戦的なアウトプット力を養うことができます。
スタディングが選ばれる理由

学習効率がアップする画期的学習システム

効率的に学習するには、使用する学習ツール選びが重要です。スタディング 基本情報技術者講座では、これまでの受験者が苦労したことを解消し、継続して学習しやすい学習システムを搭載しています。

学習フロー
最適な学習順で効率アップ
ガイドに従うだけで最適な順番で学べる機能です。「今日は何を学ぼう・・」と悩む必要はありません。ビデオ講座の後、基礎的な問題を解く、というように最も効率的な順番で学べます。

学習フロー画面
学習レポート
学習時間と進捗状況を可視化
スタディングで学習した時間や進捗状況が自動的に集計され、わかりやすいグラフと数値で表示されます。毎日の学習がグラフや数値となって見えるようになるため、学習するモチベーションが向上し、学習の習慣化に役立ちます。
学習レポート画面
勉強仲間機能
同じ資格を目指す仲間を作ろう!
試験勉強を続けるモチベーションを保つには、励まし合い、刺激を受ける仲間の存在が大きく影響します。資格取得では、「勉強の習慣化」が合格に大きく影響するため、勉強仲間がいる方の方が合格しやすい特長があります。


メモ機能画面
マイノート機能
自分だけのオリジナルノートを作ろう!
講義の受講中や、スマート問題集の問題を問いた後など、気になったことや、記憶しておきたい情報はマイノートに書き留めておく事ができます。作成したノートは、お使いのパソコンやスマートフォン、タブレット端末に自動に同期されるので、外出中にスマートフォンで確認することもできます。個人用のデジタルノートブックとして、効率的に学習を進めましょう。
検索機能画面
今すぐスタディングを無料で試してみる

講師紹介

合格の法則を熟知した講師陣があなたを合格に導きます

滝口 直樹 画像

滝口 直樹

スタディング 基本情報技術者
主任講師

明治大学兼任講師、専門学校講師、情報処理試験・MOS対策インストラクター、Webコンサルタント、Webディレクターなど。

大学時代はITを活用した教育について研究し、当時黎明期であったeラーニングに関わる職を求め、2001年に大手資格スクールに入社。情報システム部・企画開発部にて、デジタルコンテンツ制作・eラーニングプロジェクトを担当。

2006年に独立。個人事業を開業。Webコンサルティング・Webマーケティング・Webサイト制作・IT顧問を中心に活動。

現在は、各種学校で非常勤講師の他、通信講座への出演、執筆など活動の場を教育分野に広げる。

滝口 直樹 主な著作 主な著書に、
「ゼロからはじめる基本情報技術者の教科書」
(とりい書房)
「ゼロからはじめるITパスポートの教科書」
(とりい書房)
「文系女子のためのITパスポート合格テキスト&問題集」(インプレス)など

講師メッセージ

エンジニアへの登竜門!
「基本情報技術者」を取得することで、
IT業界で活躍する未来への第一歩を
踏み出してください!

情報化が進み、日本の社会にとってコンピュータやネットワークはなくてはならない存在になりました。多くのIT技術が社会全体を支え、これから先の未来も大きく変化させようとしています。

そんな社会においてITエンジニアの重要性は年々高まっており、そのITエンジニアへの登竜門とされる「基本情報技術者」試験への注目度も増しています。

ITエンジニアという仕事は実はとても幅広く、よくイメージされるSE(システムエンジニア)やプログラマーの他にも、ネットワークエンジニア、セキュリティエンジニア、データベースエンジニアなどのインフラ系の職種や、データアナリストやITサービスマネージャーなど経営や戦略、サービスを支える職種も存在します。

基本情報技術者という資格は、これらのITエンジニアが共通して理解しておくべき基本的な知識を体系的に学習することができる資格であり、皆さんのこれからのキャリアの可能性を大きく広げてくれるものです。

基本情報技術者試験の内容を学ぶことで、コンピュータやシステムが動作する基本的なしくみから、データベース、ネットワーク、セキュリティなどの基礎知識だけでなく、システムやソフトウェアを開発する流れやその中で検討すべき点についても理解することができます。これらの知識は今後どの専門分野のITエンジニアとしてキャリアを進めるにせよ必要になってくるものですので、その意味で、現時点での得意分野だけに偏らず、幅広い知識を身に着けられる基本情報技術者試験は高度な専門資格を取る前に必ず合格してほしいと考えます。

また、試験では、長文読解形式の午後問題がありますが、これはより実践的な場面を想定することで、知識をどのように活かすのか、どの知識がそのシーンにおいて必要になるのかといった知識の活用力も求められます。状況把握や問題点の発見能力、要求への理解など、単語レベルの知識だけを持っているだけでは対応しきれない総合的な能力が試されますので、そのベースとなる知識をしっかりと講座の中で理解していただくことが、そのまま午後試験対策にもつながると思って、午前試験の範囲の講義から飛ばさずに学習することをお勧めします。

これまでITについて専門的な勉強をしてこなかった方にとっては、学習範囲が広く難易度が高いと感じることもあると思います。実際に学習時間も相応に必要になってくる決してやさしくはない資格です。
ですが、皆さんが身に着けたIT知識を社会に浸透・流通させ、社会に貢献できる人材として認められるためにも、技術分野だけでなく、経営戦略やマーケティング、法規、マネジメントに関する分野についても余すことなくしっかりと学習してもらええることを期待しています。



他社との違い

スタディング 大手資格学校・
通信講座
学習場所と
時間
・いつでもどこでも学べる
・スキマ時間を有効活用できる!
教室や、自宅など勉強のための場所
インプット
学習
・テキスト無しでも理解できる
・情報番組のような高品質のビデオ講義
・スマートフォンでも見やすい文字サイズ
・専用スタジオによる高品質な映像講義
教室などの講義を撮影した映像
テキストが無いと理解できない
テキスト ・WEBでいつでも参照可能
・必要な箇所だけ印刷も可能
・マイノート機能でオリジナルノートを作成できる
紙の冊子のみ
問題練習 オンラインでいつでも練習できる 紙の冊子が中心
学習手順 学習フローにより、最適な順番で講座を受講できる。 講義以外の学習は、自己責任で行うためいつ何を学習したらよいかわかりにくい
講師 誰でもベストな講師の講義が受けられる。 通学だとアルバイト講師に当たる場合も多い。
質問回答 質問回答サービスは無いが、現在は検索で確認できることがほとんど。 質問回答サービスが付いている場合が多いが実際には使われないことも多い。
その分のコストを削減して低価格で提供。 コストアップ要因になっている。
価格 基本情報技術者 合格コース:33,500円(税別)
基本情報技術者 初学者コース:39,800円(税別)
スタディングと同等のもので約2~3倍の価格が主流
今すぐスタディングを無料で試してみる

スタディングは各メディアからも注目されています

有料講座受講者累計4万人突破のスタディングはこれまで様々なメディアに掲載されました。

これから始める方におすすめ

コースと価格

短期合格を目指したい方向け

一括¥33,500(税別)

キャンペーン¥28,500(税別)
(11/30まで)

分割例

月々

¥2,825

x

12

から

基本情報技術者試験に短期間で合格したい方に最適なコースです。インプットとアウトプットを効率よく学習できるため、短期間で合格の実力を身につけていくことができます。本コースは、基本情報技術者の基本講座、テキスト、スマート問題集、セレクト問題集が含まれます。
※ 本講座は、「2019年度10月試験対応版]ですぐに学習を開始でき、引き続き、今後リリースされる「2020年4月試験対応版]をご受講いただけるコースです。

基礎から確実に学習したい方向け

一括¥39,800(税別)

キャンペーン¥34,800(税別)
(11/30まで)

分割例

月々

¥3,450

x

12

から

基本情報技術者試験に初めて挑戦する方に最適なコースです。基礎からじっくりと学習するために、「基本情報技術者 合格コース」と、「ITパスポートコース」がセットになったお得なコースです。本コースは、ITパスポート、基本情報技術者それぞれの基本講座、テキスト、スマート問題集、セレクト問題集が含まれます。
※「ITパスポートコース
」は「ITパスポート合格コース」と同様の内容となります。
※ 本講座は、「2019年度10月試験対応版]ですぐに学習を開始でき、引き続き、今後リリースされる「2020年4月試験対応版]をご受講いただけるコースです。

スタディングでは画期的な低価格を実現

これは、教室や大量の講師陣や営業など、皆さまの「合格に不要なコスト」をすべて省いているためです。

スタディングでは、長年経験を積んだ講師陣が、合格までの効率的なプロセスを徹底研究して開発しました。内容には妥協せず、無駄な部分をそぎ落とし、合格まで最短コースで導きます。

まずは無料でお試しください

人気セミナー
「失敗例から学ぶ 短期合格セミナー」

スタディング 基本情報技術者講座
初回版
①「経営組織論」
②「開発プロセス・手法」
③「離散数学1」
④「午後試験解説講座・
情報セキュリティ」

ビデオ・音声講座、テキスト、
スマート問題集、セレクト過去問題など
※無料講座の内容は予告なく変更される場合があります。
あらかじめご了承ください。