法律初学者でも効率的に学べるカリキュラム

短期間で合格するには、基礎をすばやくインプットし、その後に問題や過去問を使ってアウトプット練習を十分に行うことが重要です。分かりやすい動画講座とスマートフォンを使ってどこでも問題練習ができますので、効率的に学習を進められます。

テレビ番組のような分かりやすい動画講座

最初のインプット学習は、分かりやすい動画/音声講座を利用するのが最適です。テーマごとの全体像を把握しながら、大切な項目を分かりやすく学習できます。スタディングでは、「試験によく出る」「書籍では分かりにくい」ところを重点的に講義に収めています。経験豊富な講師陣がスタディングのために最適化したカリキュラムで、合格に必要な内容を網羅しています。また、ビデオ/音声講座では、通常速版だけでなく1.5倍速、2倍速版があります。最初は通常速版で学習し、慣れてきたら倍速で繰り返し学ぶことで短期間で記憶が定着します。

動画講座の内容は、WEBテキストでも確認できます。講義内容を網羅し、さらに補足説明が付いているので、いわゆる板書は必要ありません。もちろんスマートフォンやタブレットでいつでも確認できるうえに、必要な箇所だけ印刷して書き込むことも可能です。自分の勉強スタイルに合った使い方ができます。

反復学習に最適な問題集

スマート問題集は、基本講座で学んだ内容を直ぐに確認するためのオンライン問題集です。通勤時間などのスキマ時間に簡単に解けるので、反復学習に最適です。

スマート問題集は、基本講座の1講座が終わるたびに、そのテーマに合わせて出題されます。問題を解いた後にわかりやすい解説を読むことで、効率よく知識を吸収できるように作られています。

インプットアウトプットで効率のよい学習を

試験に短期間で合格するための最大のコツは「問題練習をしながら実力をつけること」です。スタディングでは、ビデオ/音声講座でインプットした後、最適な順番でアウトプット学習できるよう「学習フロー機能」が組まれており「今日は何を勉強したらいいのか」という悩みで時間を無駄にすることはありません。

Input Output

合格の鍵「民法と行政法」を重点的に学べる!

行政書士試験において、民法と行政法は非常に出題数の多い科目です。「法令等」科目全体の配点では約8割を占めます。そのため、スタディングでは、この2科目の攻略を重視しています。重点的に学ぶことができ、効率的に合格に近づくことができます。

行政書士 出題範囲 行政法 民法 スタディング
今すぐスタディングを無料で試してみる

まずは無料でお試しください

人気セミナー
失敗例から学ぶ 合格勉強法
ダウンロード冊子
行政書士試験 加速学習法
スタディング 行政書士講座の
初回版
ビデオ・音声講座、
テキスト、問題集など
※無料講座の内容は予告なく変更される場合があります。
あらかじめご了承ください。