著作財産権とは? ビジネス著作権検定®では「支分権」として出題

著作財産権は、著作者が有する重要な権利であり、特徴としては第三者に権利譲渡できる点が注目されます。複製権や上演権、口述権、展示権など複数の権利の集合体として理解してください。今回は、ビジネス著作権検定®の必須課題でもある著作財産権についてご説明します。

著作財産権とは?

著作財産権とは、著作物を生み出した著作者に認められる、財産上のさまざまな権利のことです。著作権を構成する大きな要素は、この著作財産権と著作者人格権のふたつです。著作者人格権が著作者の名誉を守る権利であるのに対し、著作財産権は著作者の財産を守る権利と言えます。

権利譲渡できるのが著作財産権

多くの場合、著作財産権は著作者が独占することなく、第三者と権利契約を結ぶことでビジネス機会の創出と収益の増大を図ります。著作者人格権などは著作者がその権利を譲渡することはありませんが、著作財産権の場合、権利を譲渡して周知の拡大に生かされることが一般的です。

例えば一本の映画が製作された場合、著作権は映画製作会社に属しますが、大きな収益を生み出すには大規模かつ全国展開の劇場での上映が理想です。テレビ局とのライセンス契約でお茶の間に流れれば、さらにメリットは大きいでしょう。このように、著作財産権の権利譲渡は不特定多数の大衆に公開して収益を拡大させるためにも欠かせない概念なのです。

著作財産権の種類

著作財産権は、著作物の内容や公開方法によっていくつかの権利に分類されます。具体的には、以下の権利によって成り立っています。

複製権

複製権とは、著作物の再製・コピーに関する権利です。映画を複製してDVD化したり、講演内容をCDに収録して大量生産を図ったりする方法は、複製権が絡んできます。

上演権

上演権とは、演劇作品を劇場などで公開することを認める権利です。ちなみに、映画を映画館のスクリーンに映し出す権利は、上映権となります。ちなみに、テレビ放送を受信装置を用いて不特定多数の視聴者に著作物を公開する権利は、伝達権と呼ばれます。

展示権

絵画や彫刻、写真などのアート作品を集めて展示会を催す権利を、展示権と言います。写真などは未発表・未発行の著作物に限ります。

公衆送信権

公衆送信権とは、テレビやラジオ、インターネットなどを使って広く大衆に著作物を発信できる権利です。

譲渡権

譲渡権とは、大々的に世間に周知することを目的に、著作物を他者に譲渡する権利です。ただし、映画の譲渡は譲渡権には含まれません。

口述権

口述権は、主に詩・短歌・小説・戯曲などの文学作品を不特定多数の人々に向けて公開するための権利です。文学や古典の朗読会などは一般的によく行われるイベントですが、口述権が関わるケースも少なくありません。

頒布権

頒布権とは、映画作品の著作者が独占的に複製し、譲渡できる権利です。過去の判例では、映画をモチーフにしたテレビゲームは映画の著作物とみなし、頒布権によって複製・譲渡されるとしています。

翻訳権・翻案権

翻訳権は、著作物が創作された国以外での翻訳を目的とする権利です。また、ある著作物を基に別の作品を生み出す権利を翻案権と言います。

ビジネス著作権検定®では「支分権」として出てくる

著作財産権は、ビジネス著作権検定®の必須課題でもあります。ビジネス著作権検定®「BASIC」「初級」「上級」いずれも出題されますので、その要点をしっかりつかんでおくことが大切です。

「BASIC」では、「著作権の内容」という項目で著作者人格権とともに複製権や公衆送信権などが出題されます。権利譲渡の考え方について把握し、著作者人格権との違いを明確にしておきましょう。

「初級」「上級」では、支分権というくくりで、個別の権利すべてが出題対象となっています。頒布権や譲渡権、貸与権については混同せず、正確な知識を持つようにしてください。

著検の受験生が知らないと損をする!

短期合格のコツを
無料セミナーで公開中

通勤講座は、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナー「忙しくても、初級・上級に短期合格する勉強法」配信中!


無料セミナー

短期合格セミナー「忙しくても初級・上級に短期合格する勉強法」

無料動画講座

初級初回版
「著作権の全体像」
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、予想問題集付き

無料講座と無料セミナーを試してみる