スキマ時間で
弁理士になる!

短期合格者の勉強法

スマホ・PC・タブレットで

月々2,685円〜

弁理士合格で合格お祝い金10,000円!

春のスタートダッシュ応援キャンペーン

スタディング 弁理士講座
とは

「スタディング 弁理士講座」は、短期間で合格した人々の勉強法と多数の合格者を輩出した講師の指導経験から徹底的に研究して開発された画期的なオンライン講座です。従来の資格講座とは違い、忙しい方でも効率的に勉強ができるように、スキマ時間も有効活用し、自宅学習と合わせることで、学習効率が最大化するように設計されています。スマ―トフォンやPC、タブレットを使い、効率的に学習できます。

有料受講者累計4万人突破のスタディングで、
弁理士試験に合格しましょう。

スタディングの特徴

スタディング サービス紹介動画

短期合格のためのメソッドを紹介!
資料ダウンロード(無料)

まずは無料でお試しください

短期合格セミナー
「失敗例から学ぶ着実に合格する勉強法
5つのルール」
「頻出15パターンで学ぶ!弁理士論文
合格法」
「法改正情報特許法第1回」資料
(当コースからのお知らせ)
スタディング 弁理士講座
体験版
基礎/短答講座「知的財産4」「特許法2」「実用新案法1」「意匠法3」
論文講座「特許法・実用新案法1」
ビデオ・音声講座、テキスト、スマート問題集、法令暗記ツールなど
今すぐスタディングを無料で試してみる
※無料講座の内容は予告なく変更される場合があります。
あらかじめご了承ください。



教材・

カリキュラム



無料セミナー・無料講座

・失敗例から学ぶ着実に合格する勉強法5つのルール
・頻出15パターンで学ぶ!弁理士 論文合格法

合格コース(252回)

  • 知的財産          全9回
  • 特許法(国内出願)     全69回
  • 実用新案法(国内出願)   全8回
  • 特許協力条約        全18回
  • 特許法(国際出願)     全7回
  • 実用新案法(国際出願)   全1回
  • 意匠法           全35回
  • 商標法(国内出願)     全42回
  • マドリッド協定議定書    全5回
  • 商標法(国際出願      全2回
  • 不正競争防止法       全9回
  • 著作権法          全24回
  • パリ条約          全11回
  • TRIPs協定        全12回

論文対策コース(50回)

  • 合格答案の書き方1   全1回
  • 合格答案の書き方2   全1回
  • 特許法・実用新案法   全15回
  • 意匠法         全15回
  • 商標法         全15回
  • 本試験出題予想問題演習
    特許法・実用新案法     全1回
  • 本試験出題予想問題演習
    意匠法           全1回
  • 本試験出題予想問題演習
    商標法           全1回
今すぐスタディングを無料で試してみる

これから始める方におすすめ

コースと価格


一括

¥79,980

(税込)

分割例

月々

¥3,875

x

24

から

「合格コース」と「論文対策コース」のセットコースです。今なら2019年度版も視聴できます。2019年度版には、2019年の短答式、論文式試験に対応した改正法講座付き。基礎から学び、弁理士試験筆記試験合格を目指すコースです。本コースには、ビデオ講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集、本試験予想問題演習が含まれています。

一括

¥59,980

(税込)

分割例

月々

¥2,906

x

24

から

基礎から学び、弁理士試験短答式試験合格を目指すコースです。今なら2019年度版も視聴できます。2019年度版には、2019年の短答式、論文式試験に対応した改正法講座付き。本コースには、ビデオ講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集、が含まれています。

一括

¥24,980

(税込)

分割例

月々

¥2,250

x

12

から

「15×3論文勉強法」により論文式試験合格を目指すコースです。全てリリース済みの2019年度版が視聴でき、2020年度版は5月以降リリース開始。
本コースには、ビデオ講座、音声講座、パターン別練習問題、本試験予想問題集が含まれています。

こんなお悩みありませんか?

忙しい日々の中で、毎日勉強にかける時間を確保できるか不安。
初めて弁理士試験の勉強をするので、ついていけるか不安。
短答式試験だけでも合格して免除を受けたい。
どのように勉強すれば答案を書けるようになるのか分からない。
学校や通信講座を検討したが、値段が高いため独学にしようか迷っている。

スタディングなら
無理なく合格できます!

スタディングが選ばれる理由

短期間合格カリキュラム

短期間で合格するには、早く基本的な内容をインプットし、その後に練習問題や過去問を使ってアウトプット練習を繰返し行うことが重要です。分かりやすい動画講座で理解し、スマートフォンを使ってどこでも問題練習ができますので、効率的に学習を進められます。

テレビ番組のような分かりやすい動画講座

最初のインプット学習は、分かりやすい動画/音声講座を利用するのが最適です。テーマごとの全体像を把握しながら、大切な項目を分かりやすく学習できます。スタディングでは、「試験によく出る」「書籍では分かりにくい」ところを重点的に講義に収めています。経験豊富な講師陣がスタディングのために最適化したカリキュラムで、合格に必要な内容を網羅しています。また、ビデオ/音声講座では、通常速版だけでなく1.5倍速、2倍速版があります。最初は通常速版で学習し、慣れてきたら倍速で繰り返し学ぶことで短期間で記憶が定着します。

動画講座の内容は、WEBテキストでも確認できます。WEBテキストは講義内容を網羅し、知識の整理に役立つ図表を取り入れるなど補足説明も付いているので、いわゆる板書は必要ありません。もちろんスマートフォンやタブレットでいつでも確認できるうえに、必要な箇所だけ印刷して書き込むことも可能です。自分の勉強スタイルに合った使い方ができます。さらに条文や重要な裁判例についても解説しているので、まずは講義とテキストで試験に出やすい条文や裁判例を押さえましょう。

自作のノートが作れるマイノート機能

マイノートは、基本講座のテキストを利用したオリジナルのテキストの作成、暗記ツール機能を使用した定義や期間の暗記に最適のツールです。

暗記ツールは、覚えておきたい箇所を赤で塗りつぶしておき、赤い部分をクリックすることにより用語が見れるようになっています。いままで、赤シートで隠して覚えていた暗記法をスマホを使って利用することができます。知識の定着に不安のある方は覚えたい条文や用語などを抜き出し暗記ツールによる復習を繰り返し学習することにより知識を吸収していきましょう。

反復学習に最適な問題集

一問一答形式のスマート問題集は、基本講座で学んだ内容を直ぐに確認するためのオンライン問題集です。通勤時間などのスキマ時間に簡単に解けるので、反復学習に最適です。

スマート問題集は、基本講座の1講座が終わるたびに、そのテーマに合わせて出題されます。知識の定着に不安のある方は講座の受講・スマート問題集・講座の復習を繰り返し学習するサイクルにより少しずつ知識を吸収していきましょう。

インプットアウトプットで効率のよい学習を

試験に短期間で合格するための最大のコツは「問題練習をしながら実力をつけること」です。スタディングでは、ビデオ/音声講座でインプットした後、最適な順番でアウトプット学習できるよう「学習フロー機能」が組まれており「今日は何を勉強したらいいのか」という悩みで時間を無駄にすることはありません。

Input Output
今すぐスタディングを無料で試してみる
スタディングが選ばれる理由

「手続きの流れ」と「条文の理解」 が
合格への近道!

「手続きの流れ」を意識しながら学習することにより、現在、学習している内容がどの部分にあたるかを体系的に理解でき、知識の習得が早まります。手続きが複雑な科目でも、講座の早い段階で「手続きの流れ」を理解することにより迷うことがなくなるからです。また、「条文の理解」をしっかり行うことにより、試験での応用力・対応力が身に付きます。試験では条文の文言のみで解ける問題のほか条文の趣旨や相互の関係を理解しておかないと得点できない問題も多いからです。コース冒頭には「制度の概要」があるので、これから弁理士試験の勉強を始める方も取り組みやすいようになっています。

制度の概要と条文解説
学習フロー画面
短答式試験合格には条文の理解が必要ですが、試験に出題される頻度は条文により異なります。スタディング弁理士講座は重要な条文については詳細に解説を行うなどメリハリをつけた講義とWEBテキストで構成されています。条文に強い受験生を目指しましょう!
手続きの図解と問題演習
学習フロー画面
手続きについては図を使用するなどして全体の流れをわかりやすく解説していきます。知識を学んだ後は一問一答(スマート問題集)で知識の定着を図ります。さらに実際の過去問から出題されるセレクト過去問集で本試験問題にも挑戦しましょう。


スタディングが選ばれる理由

過去問頻出15パターンで答案の書き方がわかる!

論文対策コースは「頻出15パターン×3サイクル」論文勉強法により合格答案を書く力を着実につけていきます。「頻出15パターン×3サイクル」論文勉強法は、過去問を分析し抽出した「頻出15パターン」を3サイクル繰り返す学習法です。特許法・実用新案法、意匠法、商標法それぞれについてパターンに応じた学習を行うことにより、本試験でも答案が書けるようになります。これらのパターン学習法を習得すれば過去問の90%以上の問題に対応できます。

頻出15の出題パターン
頻出15の出題パターン画面
過去問分析から導き出された頻出15パターンを動画講義で解説しています。論文式試験合格のために、実際の試験で応用が可能なこの15パターンによる答案作成方法を身に付けることからはじめましょう。
例題・練習問題による答案練習
例題・練習問題による答案練習
頻出15パターンを学習した後は、例題と練習問題により実際の答案を作成してみましょう。例題で基本的な短い文章を練習し、練習問題でより本試験に近い答案を練習することにより段階的に合格答案作成を目指します。


今すぐスタディングを無料で試してみる
スタディングが選ばれる理由

学習効率がアップする画期的学習システム

効率的に学習するには、使用する学習ツール選びが重要です。スタディング 弁理士講座では、これまでの受験者が苦労したことを解消し、継続して学習しやすい学習システムを搭載しています。

学習フロー
最適な学習順で効率アップ
ガイドに従うだけで最適な順番で学べる機能です。「今日は何を学ぼう・・」と悩む必要はありません。ビデオ講座の後、基礎的な問題を解く、というように最も効率的な順番で学べます。

学習フロー画面
学習レポート
学習時間と進捗状況を可視化
スタディングで学習した時間や進捗状況が自動的に集計され、わかりやすいグラフと数値で表示されます。毎日の学習がグラフや数値となって見えるようになるため、学習するモチベーションが向上し、学習の習慣化に役立ちます。
学習レポート画面
メモ機能
自分専用のメモを各講座に
学んでいる講座のページにメモを書ける機能です。講座を視聴しながら、後で復習したい箇所や間違えた問題の補足などを付箋を貼りつけるイメージでメモすることができます。作成したメモは一覧のほか、検索することができます。メモを確認しながらポイントを復習することで、効率的な学習が行えます。
メモ機能画面
検索機能
キーワードを一発検索
検索機能は、講座名、テキスト、問題、メモなどを横断的に検索する機能です。例えば、問題の解説の中に、覚えていないキーワードが出てきた際に、それがどの講座やテキストに記載されているかを調べるのは大変です。検索機能を使えば一瞬で検索でき、探す時間と手間が節約でき、学習効率が向上します。
検索機能画面
今すぐスタディングを無料で試してみる



講師紹介

合格の法則を熟知した講師陣があなたを合格に導きます



伊藤 隆治

スタディング 弁理士講座 講師

2007年より大手資格学校で弁理士試験の受験指導を行い多くの合格者を輩出。講義、教材制作など様々な業務を担当し弁理士試験に精通している。企業研修においても、豊富な指導経験を有する。
現役の弁理士でもあり、特許業務法人 井上国際特許商標事務所副所長として国内外の特許、意匠、商標に関する業務を担当している。

講師メッセージ

大手予備校での講師からスタディングの講師を選んだ理由

私が大手予備校の指導をやめてスタディングでの指導を選んだ理由の1つは、大手予備校での講義を途中で脱落してしまう人があまりに多かったからです。学習を継続できなくなるのは、講義に参加する時間が取れなくなるというのが最も多い理由です。仕事が忙しくなった、転勤が決まった、子供を授かった等、学習を始める頃には考えていなかった事情が生じて、大手予備校が提供する長時間の講義を受ける時間を確保できなくなってしまうのです。やる気に満ちていた受講生が途中で学習を継続できなくなってしまうというのは、大変残念なことです。 私自身、時間に追われる日々を過ごしている中、一番無駄に感じていたのが通勤時間でした。 そんな時に講座開発の提案を受けたのがスタディングです。スタディングを利用すれば、スマートフォンなどでいつでも手軽に講義を受講し、練習問題を解き、WEBテキストで復習することができます。忙しいビジネスパーソンでもすきま時間を有効活用して、弁理士試験の学習を継続することができると考え講師を引き受けました。 今まで学習時間を確保できずに弁理士試験を諦めていた人に是非このスタディングを利用して弁理士試験の合格を勝ち取って頂きたいと考えています。

短期合格サイクル

短期合格のためには、要点を講義で聞いて、問題演習と復習を繰り返すことが重要です。  講義を聴いたり、テキストを読んだりといった学習は「楽な学習」です。一方、問題演習は自分ができないことを思い知らされるので「辛い学習」です。問題演習は学習が進めば進むほど、自分の欠点が見えて辛いものになります。 淡々と本を読んだり、長時間の講義を聴いたりしていると、たくさん勉強して理解した気分になりますが、学習効率は高くありません。 問題演習を通じて「こんな簡単なミスをしてしまった!」「またこの前と同じ所で間違えた!」「今度は解けたぞ!」というように感情に働きかける学習こそ効率的な学習です。適度なストレスと達成感を繰り返すことで学習効率は飛躍的に向上します。短時間の講義で要点を聞き、問題演習をして、間違えたところを確認し、再度問題演習を行い、問題を解けたときの達成感を感じるという「短期合格サイクル」を回して下さい。 スタディングはまさにこの「短期合格サイクル」を回すための講座です。短時間の講義、練習問題、講義の内容を整理したWEBテキストによって「短期合格サイクル」をどこでも短時間で回すことができます。

弁理士試験で問われることは難しくない

弁理士試験で問われることは1つ1つを見ると決して難しいことはありません。ただ、それが大量にあるから全体として難易度が高くなっているのです。1つ1つを着実にマスターしていけば必ず合格することができます。 法律の基本的な考え方を身に付け、ご自身の感情をうまくコントロールして着実にマスターしていけば、短期間での弁理士試験の合格も夢ではありません。 合格を目指して一緒に学んでいきましょう!

他社との違い

スタディングと、従来の資格学校・通信講座との違いをまとめました。

スタディング 大手資格学校・
通信講座
学習場所と
時間
いつでもどこでも学べる
自宅での学習時間にプラスできる!
教室や、自宅など勉強のための場所
インプット
学習
テキスト無しでも理解できる
情報番組のような高品質のビデオ講義
スマートフォンでも見やすい文字サイズ
専用スタジオによる高品質な映像講義
教室などの講義を撮影した映像
テキストが無いと理解できない
テキスト WEBでいつでも参照可能
必要な箇所だけ印刷も可能
紙の冊子のみ
問題練習 オンラインでいつでも練習できる 紙の冊子が中心
学習手順 学習フローにより、最適な順番で講座を受講できる。 講義以外の学習は、自己責任で行うためいつ何を学習したらよいかわかりにくい
講師 誰でもベストな講師の講義が受けられる。 通学だとアルバイト講師に当たる場合も多い。
質問回答 質問回答サービスは無いが、現在は検索で確認できることがほとんど。 質問回答サービスが付いている場合が多いが実際には使われないことも多い。
その分のコストを削減して低価格で提供。 コストアップ要因になっている。
価格 総合(基礎,短答,論文)コース:¥79,980
合格(基礎,短答)コース:¥59,980 
論文対策コース:¥29,980
短答・論文セット:20~30万円以上
短答講座:10~20万円以上~
論文講座:4~15万円以上~
今すぐスタディングを無料で試してみる

スタディングは各メディアからも注目されています

有料受講者累計4万人突破のスタディングはこれまで様々なメディアに掲載されました。

弁理士試験合格でお祝い金1万円進呈

スタディングでは画期的な低価格を実現

これは、教室や大量の講師陣や営業など、皆さまの「合格に不要なコスト」をすべて省いているためです。

スタディング弁理士講座は、大手資格学校で長年経験を積んだ講師陣が、合格までの効率的なプロセスを徹底研究して開発しました。内容には妥協せず、無駄な部分をそぎ落とし、合格まで最短コースで導きます。



受講者の声




多くの方々から、弁理士スタディングを受講した感想をいただいております

スタディングを使用した感想・自分なりの使い方など、これから受講を検討されている方は是非参考にしてみてください。

30代 男性
 主にスマホを使用して通勤の電車内で視聴しているので、動画が短時間に区切られているのは、勉強しやすいです。短時間の動画とテーマに即した問題演習で1日の時間を効率よく活用できました。講座の内容も難しい用語はほとんど使用していなく、それでいて先生の解説は簡潔で分かりやすいです。倍速再生は便利だと思いますが、3倍速などの速すぎる倍速はあまり必要性を感じません。
30代 男性 
通勤時間のほか、帰宅後や早朝・休日に自宅のPCを使用して視聴しています。今回、通勤講座を利用することにしたのは、価格面を重視してコスパが高いと思ったからです。講座の内容に関しては、講師の説明がわかりやすく全体的に満足しています。今後、中上級者向けの短答講座や答練が開講されることを期待します。
40代 男性
「頻出15パターンで学ぶ論文合格法」がどのようなものか試してみたかったこと、価格が安かったことから購入してみた。実際に受講してみて、「初心者の方が無理なく学べるように作られています。」と謳われているが、論文講座は、一度、基礎的な内容をマスターしている人を対象にしているものだと思う。条文が表示されていない箇所があるところやWEBテキストの内容等については不満がある。ただ、論文の勉強法の方向性が見えてきたところ、本試験での傾向がわかるところは良かった。音声ファイルをダウンロードしてICレコーダーに入れて、通勤中に聞いたり、昼食時にスマートフォンの動画を見たりして活用している。
30代 男性
独学(書籍等で学習)での学習も検討したが、電車通勤時間に受講することに最適化されていると感じたので購入。通勤電車や自習室で映像講義を視聴している。論文の書き方は見当もつかなかったが、思考の道順が示されており、実際に真似できるように感じた。思考の道順を示してくれているところと分かりやすかったところがよい点。逆に、電車での通信環境が悪い時があるため、音声ファイルだけでなく映像もダウンロードできるようにして欲しい。
40代 男性
内容は良いが、映像を見ている時に音声が途絶えることがあるので、なんとかならないかと思っている。このため、倍速も1.5倍速が限度だった。内容に関しては結構ハイレベルであったのには驚いた。あまり見かけない表現がときどきあって、理解が追いつかない時もあった。内容を平易にして、キーワードを繰り返し連呼するとか、青本のフレーズを連呼するとかいうようなものだと、聴いていて効果を実感すると思う。コンセプトとか1コマが短いとか内容面はすごくいいので、インフラ周りだけ何とかして欲しい。
40代 男性
論文試験の型を覚えることに特化されていると思い購入しました。論文試験をパーツ毎に分けることにより、答えるべき事項が見えてきたように思います。マイページ検索機能やメモ機能は機能があることさえ知りませんでした。倍速再生に関しては、1.5倍速がちょうどよく、2倍速は少し速く感じられました。家で勉強する際はタブレットで動画、外ではスマホで動画、それ以外はオーディオプレイヤーで音声など時と場合応じて、勉強方法は柔軟に変えています。ビデオ講座のわかりやすさ、価格、どこでも勉強できる点は良かったと思います。

まずは無料でお試しください

短期合格セミナー
「失敗例から学ぶ着実に合格する勉強法
5つのルール」
「頻出15パターンで学ぶ!弁理士論文
合格法」
「法改正情報特許法第1回」資料
(当コースからのお知らせ)
スタディング 弁理士講座
体験版
基礎/短答講座「知的財産4」「特許法2」「実用新案法1」「意匠法3」
論文講座「特許法・実用新案法1」
ビデオ・音声講座、テキスト、スマート問題集、法令暗記ツールなど
今すぐスタディングを無料で試してみる
※無料講座の内容は予告なく変更される場合があります。
あらかじめご了承ください。