平成20年~30年の弁理士試験の志願者数・合格者数・合格率の推移

平成20年以降の弁理士試験の志願者数・合格者数・合格率の推移についてまとめました。


弁理士試験志願者数・合格者数・合格率

平成30年度の弁理士試験の最終合格者が発表されました。平成30年度試験の特徴としては、短答式試験の合格率が上昇したことがあげられます(短答式合格率は昨年の8.9%⇒今年は20.1%)。弁理士試験には、短答式試験に合格すると2年間短答式試験が免除されるという制度があるので、受験生にとっては、好ましい結果だったかもしれません。ただ、全体の合格率は、上昇したとはいえ、0.7%の上昇ですので、難関試験であることに変わりはありません。

なお、平成20年度からの志願者数、合格者数、合格率についてまとめてみると合格率については上下がありますが、志願者数は減少傾向にあります。

実施年 平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
志願者数 10494 10384 9950 8735 7930 7528 6216 5340 4679 4352 3977
最終合格者数 574 813 756 721 773 715 385 319 296 255 260
合格率 5.9 8.5 8.3 9.1 10.7 10.5 6.9 6.6 7.0 6.5 7.2



今までの勉強法と答案作成法の考え方が変わる?

5つのルールと15のパターンを無料で公開中

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナ-「失敗例から学ぶ着実に合格する勉強法5つのルール
頻出15パターンで学ぶ!弁理士 論文合格法」を配信中!


無料セミナー
短期合格セミナ-
「失敗例から学ぶ着実に合格する勉強法5つのルール」
 論文を視野に入れた「脱!直感解法」のススメ
「頻出15パターンで学ぶ!弁理士論文合格法」


無料動画講座
基礎/短答講座  「知的財産5 意匠制度の概要」「特許法2 特許取得手続の流れ」「実用新案法1 特許法との違い」「意匠法3 意匠とは」
短答解法講座  「特許法1 明細書等の補正(1)」
論文対策講座  「特許法・実用新案法1 趣旨」

ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集、パターン別練習問題付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる